手作り家具工房での仕事の事や、  家族の日々の出来事などを母さん、もしくは父さんが伝えます。
by himekabuto-kun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
検索
最新のコメント
こんにちわ。お久しぶりで..
by himekabuto-kun at 09:19
少し、大きくなったかな。..
by himekabuto-kun at 00:16
しんちゃん大きくなりまし..
by おくま at 21:44
シンガポールで~!なんと..
by himekabuto-kun at 23:37
パンダツアー!シンガポー..
by おくま at 12:12
大正解でした! ゆる~い..
by himekabuto-kun at 00:37
動物園正解でしたねー♪ ..
by  totoumama at 22:53
突然の計画にも対応出来る..
by himekabuto-kun at 22:24
次回は私も参加したいです
by nadasousou at 19:34
いや~、おくまさんちで写..
by himekabuto-kun at 11:49
フォロー中のブログ
お気に入りブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2014年 01月 06日
裏山愛好家
今年の我が家のお正月の過ごし方は、ほとんど例年と変わらずでした。
e0054022_0504635.jpg

そう、裏山での散歩を楽しむお正月。
e0054022_0541881.jpg

家の近くの裏山を最近発見したので、シンも一緒に行って楽しんできました。
正月早々、シンは近所の友達を誘いに行くのには、母さんビビっていましたが…
車一台通れるくらいの道ですが、散歩中は一台も通らず…
そんなところなんで、ベリーを野放しにしていても、危険でもなく。
むしろ、動物が出てきたときのことを考えていたほうがいいくらい。
e0054022_1111016.jpg

まるで、森林公園みたい~なんて言いながら、
広葉樹に囲まれた道を進んでいきました。(ところどころ針葉樹もあり)
e0054022_1121060.jpg

父さんとシンと、シンの友達は、木の実を見つけては
攻撃をしながら進んで行っていました。(散歩を楽しむ?って感じから少し離れていますが)
e0054022_1134696.jpg

木の実ならばまだいい…
くっつきもち(?)というのか、服によくつく草の種も攻撃の道具となっていました。
e0054022_115820.jpg

二つ目の池までは行ってみよう!っていいながら
ゆっくり進んで、山道を楽しみます。
e0054022_1174146.jpg

道沿いには、山水が流れている小さな川があり、ベリーはのどを潤しに時々降りて行っていました。
そして、山の中に入っていく入っていく。
きっと野生動物の匂いを嗅いでいるんだろうけど、山の散歩を思う存分楽しんでいます。
まだ1歳2か月なので、一番元気のある頃なんです。
山から駆け下りてくる足取りが、カッコいい。犬ながら惚れ惚れしていました。
e0054022_119571.jpg

ただ、どうしても早すぎて、写真に収めるのが難しい…
e0054022_1215453.jpg

あの足取りの軽さをカメラに収めたいのですが無理でした…残念。
とにかく、ベリーは自由に山を駆け巡り、本当に山の散歩を楽しんでくれます。
犬ですが、とっても足腰の強い犬になっているんでしょうね。
e0054022_1223361.jpg

こうして、犬がいる生活だと、私たちは裏山を楽しむことができます。
家の近く、仕事場の近く、そしてお正月に行っていた実家の近く。
どこにも裏山がすぐにあるのです。都会だとそんな場所はないでしょうが、
きっと狭い日本、どこにでもあるのでは?田舎の人もなかなか近すぎて、
用事もないので行くことの少ない裏山ですが、本当は自然の魅力の宝庫ですよ。
e0054022_125773.jpg

ふっと、マユミの花がもう枯れそうな状態で残っている木を見つけました。
山の中で、時々見れることがあるそうです。こんなに裏山に行っている母さんですが、知りませんでした。
e0054022_1275425.jpg

さぁ、池についたよ!そろそろ帰りましょ~!
e0054022_1314678.jpg

みんなでゆっくりできる日が少ない我が家なので、
こうしてお正月に色々な用事を作らず裏山でのゆっくりとした散歩を楽しめるのも
お正月の楽しみ方の一つです。
[PR]
by himekabuto-kun | 2014-01-06 00:56 | Comments(0)
2014年 01月 05日
2014明けましておめでとうございます
明けましておめでとうございます。

みなさんは、どんなお正月を送りましたか?

今年最初の久々更新のドタバタ日記ですが、
まずは、お正月準備の御餅つきから…!

受験生のリンは、残念ながら不参加。どうなることかと思ったら、
6年生のシンが、意外にもかなりの戦力になっていたのです。
e0054022_1134720.jpg

もちろん力(チカラ)は、リンほどではないにしても、
昨年よりも楽しんで御餅つきをしてくれて、
母さん・父さん、そしておじいちゃんが考えていた以上に、
力強いツキを見せてくれました。
e0054022_1135357.jpg

恒例の行事って、子供の成長を再確認するいい機会なんですよね~。
父さんから、20回!って言われると、一生懸命数えて20は必ずつく。
20回を3セットって言われると、大きな声で威勢よく、
途中でくじけそうになっても自分の声で励ましながら頑張っていました。

今年も大活躍のおくどさんです。
一緒にお湯も沢山沸かせるので、毎回ありがたいありがたい、と言って使っています。我が家の御餅つきは、このおくどさん無しでは考えられません。
e0054022_1225140.jpg

熱々のもち米を、石臼に投入。
e0054022_1225894.jpg

最初は、ある程度までつかずに、グイグイっと押しています。
e0054022_1292592.jpg

今回は、友人夫妻も参加。
都会出身の二人は初めての経験なので全てが目新しくて、
ものすごく楽しんでくれて、何もかも一生懸命してくれました。
e0054022_1294348.jpg



母さんの役目は、お餅を丸めたり、その他の諸々。
何にもしていないわけではなくって(!)結構忙しいのです。

御餅つきは、お餅が冷めないうちにしなくてはいけないことが多いので
人手が必要なんですよ。だんだん手搗き(テツキ)餅が減っている理由の一つでしょうね。それでも田舎のこの辺りでは、まだまだ頑張ってこうしているところも、我が家以外でも結構聞きます。嬉しいお正月の準備の行事ですよね。

我が家は、手でついたお餅のほうが美味しいって思っているので、
どうしても止められないんです。

最近では、裏方の仕事が多くなったおじいちゃんですが、
おじいちゃんがいないと、勿論できないのです.
こうして毎年、大変ながらも続けてくれるおじいちゃんとおばあちゃんに感謝感謝です。

最後は、三人で。
e0054022_139749.jpg

リズムをとりながら、三人でつくのは、
難しそうですが、楽しそうでしたよ。
e0054022_139488.jpg

そうそう、以前は29日の「9」の付く日は「苦餅」と言って忌み嫌うことが多かったようですが、「福餅(フクモチ)」ともいえるよね。って違う読み方に気が付いたので、仕事が休みになる29日につくことに抵抗が無くなりました。良かったよかった!

とっても良いお正月の準備ができた一日だったのです。
[PR]
by himekabuto-kun | 2014-01-05 01:49 | Comments(0)